ターイトルテトラ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 観賞魚ブログへ

↑PUSH PLEASE!








ターイトルテトラ 60cmエビ水槽途中経過
さてさて濾過をパワーアップしたりコケを必死に取ったり
生体を新たに入れたりラジバンダリ、

そろそろ60cmの水槽の途中経過を報告します。

2009080201.jpg
↑約2週間前の60cm水槽。




2009080202.jpg
↑現在の60cm水槽



お分かりいただけただろうか・・・・。




増えとる・・・(;゚Д゚)

モスが確実に増えとる((((;゚Д゚))))

まだ2週間とかしか経ってないのに流木中央が見えなくなってきた!!
え・・・半年放置する予定なんですが・・・・。


次は斜めからの写真を。

2009080203.jpg
↑2週間前



2009080204.jpg
↑現在


もはや左と右のモスが繋がろうとしてるっ!
このままではこれが枝流木だったという事実が分からなくなってしまう(;゚Д゚)

やばす・・・この将来をボクは、読めてきた・・・・。





2009080205.jpg
*後輩の水槽


コレだ。



にほんブログ村 観賞魚ブログへ

↑PUSH PLEASE!


スポンサーサイト






ターイトルテトラ 60cmエビ水槽をインテリア水槽に
2009071302.jpg

先日相当スッキリさせたエビ水槽ですが
これに留まりません。

それはバックスクリーンの件。
水槽は透明ですから映り混む背景は大事。
完成された水槽はよくバックスクリーンを貼ってらっしゃいますが
うちはバックスクリーンを貼ってないです。

1つの理由は奥行きの狭い水槽で貼ると圧迫感を感じるから。
この水槽は標準の規格水槽なんであまり奥行きが深くない。
貼るとしたら半透明かな?と思ったんですがそれでもすぐ壁がある感を感じる・・・。

かと言って上の写真の様に棚の下に設置して尚かつ後ろのパイプが
通ってるような状態で明るくするのはなかなか難しい。

考えました。



(゚∀゚)!


別に水槽を照らさなくてもいいじゃないか。


という訳でさっそく

2009071401.jpg

水槽の後ろ部分にこの水槽を買った時、セットで付いてきたライトを
タイラップと針金で吊った←適当すぎ

で、でも軽いからこれで大丈夫!
もし落ちたとしても水槽の後ろですからね。浸かることはない。


では点灯・・・・


2009071402.jpg
2009071403.jpg



ヤバイ・・・


カッコイイかも。


「THE・盆栽」という感じでしょうか。
というかすでに明るいっ!!
これをやる為に背景のコードやパイプやらホースをすべて後ろの
白い壁の邪魔にならないように目立たなくしました。
後ろの壁がバックスクリーン
そして本体のライトも設置して点灯・・・


2009071404.jpg
2009071405.jpg

劇的に明るい(*゚∀゚)

前に比べNA水槽っぽくないですか?
アクアジャーナルなどに載っているADAの水槽って
結局全部背景が均一の真っ白でなんせ明るい。
だからキレイに見える部分もあると思うんです。
案外プロと違ってボクの様な素人の水槽でも背景を明るくすると
そこそこ観れる水槽になるんじゃないかな、と。

そしてやっぱりなんせ広く感じる。
若干水槽内をわしゃわしゃしたせいで濁ってますが
明日にはクリアで更なる眩しい光を放つでしょう。

ここまで来るとさすがのななこさんもキレイと絶賛してくれた(*゚Д゚)

2009071406.jpg

↑設置前と比べるとその差は歴然。
クリア感が違う!

もうそろそろサブの濾過槽だったはずの盆栽エビ水槽が
上のキューバパール水草を抜いてきたかも・・・・!(゚∀゚)



-----------------------------------------------------------------------------
Today's Photo



にほんブログ村 観賞魚ブログへ

↑PUSH PLEASE!








ターイトルテトラ レッドビー水槽を模索中
さすがに仕事が怒涛の一週間だったので
今まで寝てた・・・。

「返事がない・・・ただの屍のようだ」

さてさて

2009062802.jpg

完全に30cmオバフロ水槽の濾過槽的な役割になってるレッドビー水槽ですが
少しレイアウトを変えた。

2009062801.jpg

真ん中に移動!

・・・。

それだけかいっ!!

いやいやよくしようと色々考えているんですよ。
やっぱりアクアブログを書くようになってから
色んなアクア関連のブログを見させていただいているんですが、
やはりみなさんとてもキレイなレイアウトでうちもいくら繁殖用で濾過槽的な水槽でも
水槽がある限りこのスペースがもったいないと感じまして。

しかしながら60cmの方でもCO2を添加し始めてからウィローモスもキレイに成長し始めた。

2009062803.jpg  2009062804.jpg

2009062805.jpg

自作もモスマットのオクラネットの隙間からも芽が出てきていい感じ。
このまま成長したらモスの草原になるのかな?と妄想しつつ。

そうそう、少しマイナーチェンジもした。

2009062806.jpg

上からの排水パイプのL字パイプを外しました。
あまりにも目立っていたので・・・。
これなら斜め上から見たら排水パイプは見えません。

かといって水面から上に上げてしまうと・・・

「ビチャビチャジョボォォォォゴォゴォッ!!」

というトイレ流しっぱ?みたいな音がして
寝室の真横に水槽を置いているだけに
嫁さんからリアルアンパンチが飛んでくるので
それだけは避けなければいけません。

あとは

2009062807.jpg

この部分を改善したいなと。
左上のホースは上のオバフロに水を供給するホールだけど
狭いのでホースが完全に水槽に浸かってしまっている・・・。
あとはストックのウィローモスをはやくマットに入れることと
右のスポンジフィルターが大きすぎて目立ち不細工かな、と。

まだまだやることいっぱいです。



にほんブログ村 観賞魚ブログへ

↑PUSH PLEASE!








ターイトルテトラ 60cm水槽にもCO2を
2009062001.jpg

30cm水槽でCO2を添加していますが
下の水槽に水が落ちるときになんか飛んでそうな気がするので
分岐させて60cm水槽にも直接添加することに!

写真右のスピードコントローラーはADA製ですが
後で買い足した左のスピコンはPISCO製。

いや、ADAのスピコンもPISCO製なんですけどね・・・。
ただADAのシールが貼っててADAの箱に入ってるだけで中身は一緒。

その差は500円
最初から直接PISCO製にすれば良かった・・・。

2009062002.jpg

そして60cm水槽にバブルカウントディフューザーSを。
あぁ・・すでに壁にコケがっ。
オトシンさんもうちょっと頑張ってっっ!!

2009062003.jpg

自作の南米モスマット畑も敷地が増えてきたので
是非このCO2添加でさらに伸ばして欲しいところです!



にほんブログ村 観賞魚ブログへ

↑PUSH PLEASE!









| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ROKURO-RIUM, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。